登記情報を取り扱うご担当者様へ

こんな課題はありませんか?

  • 課題 01
    課題01

    登記簿の内容読み解きに
    時間がかかる

    読み解きが行える人材が
    偏ってしまっている。

  • 課題 02
    課題02

    情報が雑然としていて
    本来の業務に集中できない

    大量にある情報の管理が大変。
    履歴がまとまっておらず、
    本来の業務に集中できない。

  • 課題 03
    課題03

    新規顧客を獲得したいが
    どこから始めたらいいか
    わからない

    データにもとづく効率的な新規顧客の
    獲得をしたいが、どこからはじめたら
    よいかわからない。成果が出ない。

インデックスマップ@クラウドは、

登記情報を取り扱う業務の効率化・コスト削減ができます。

  • POINT1

    取得の高速化、
    解析アプライ
    でコストを削減

    コスト削減

    一般的な地図サービスで提供されていない地番地図を地図に重ねて、土地の位置、形状、地番を確認しながら調査できます。
    また、取得した登記情報を独自のAIで解析し、自動的にデータベース化します。現在有効な情報のみに絞ったわかりやすい内容で閲覧できるため、大量の調査や読み慣れていない方でも短時間で読み解くことができ、コスト削減が可能です。

  • POINT2

    一元管理、情報共有
    作業効率アップ

    効率アップ

    過去に取得した登記情報はクラウド上で保存と管理が可能です。
    また、登記情報は詳細な条件で一覧検索が可能で、履歴の管理や社内での情報共有も容易に行えるため、ストレージ管理する必要がなく、社内共有ツールとして活用でき作業効率がアップします。

  • POINT3

    登記案内で売上拡大

    売上拡大

    物件ごとに過去〜現在の変遷を記録したデータベースを持ち、地図上での可視化を実現しています。
    「いつ」「どこで」「どの不動産に」「どのような変化」があったのかピンポイントで検索することが可能ですので、データに基づいた効率的な新規顧客の獲得に繋げることが可能です。

ただいま期間限定無料でお使いいただけます

パブリックプレビュー版へ参加

※1 システム利用が無料です。登記情報の取得には外部サービス(登記情報提供サービス)への利用料支払いが必要になりますのであらかじめご了承ください。無料期間は2024年4月までを予定しています。

インデックスマップ
@クラウドの機能

物件調査からデータ活用まで、便利な機能を搭載!
  • 現地の特定

    業界最高水準の地番データをベースに、気になる物件の場所を検索します。
    航空写真や背景地図と照らし合わせ、現地を正確に特定する作業をサポートします。

  • 解析アプライ

    取得した登記情報を解析し、現在有効な情報のみをデータベース化し、わかりやすい内容で閲覧できるため、大量の登記情報の調査や登記情報を読み慣れていない方でも簡単に読み解けます。

  • 登記情報の取得とマップ連携

    地番地図からの直感的な操作により、スピーディに登記情報を取得します。
    取得した登記情報には位置情報が連携し、地図上での確認・閲覧を可能とします。

  • 土地区画状況、地番の確認

    一般的な地図サービスで提供されていない地番地図を地図に重ねて、全国規模のデータベースを利用し土地の位置、形状、地番を確認しながら調査できます。

  • メモ・メッセージ共有

    社内共有ツールとして登記情報やメモを共有ができ業務連絡や引継ぎがスムーズになります。登記情報やメモのメール送信・ストレージ管理の手間も省けます。

  • 登記案内™2023年12月以降提供予定

    「いつ」「どこで」「どの物件に」「どのような登記」があったのかを可視化し、潜在顧客を探すことができます。

  • クイック取得2024年以降提供予定

    手持ちの所在リストから一括取得できます。

  • 履歴の確認

    過去に取得した登記情報はクラウド上で保存と管理ができ、履歴の管理やさまざまな条件での絞り込みも可能で、社内での情報共有を容易に行えます。

  • カスタマイズ可能

    業種ごとにニーズに応じたカスタマイズ対応可能なプラットフォームです。

※画面は開発中のものです

デモンストレーション動画

最短30秒!地番調査から登記情報の取得、
データ解析までワンストップ!

ただいま期間限定無料でお使いいただけます

パブリックプレビュー版へ参加

※1 システム利用が無料です。登記情報の取得には外部サービス(登記情報提供サービス)への利用料支払いが必要になりますのであらかじめご了承ください。無料期間は2024年4月までを予定しています。

今後追加予定の機能

便利な新機能のリリースや機能改善を随時行っています!
  • 機能の追加と強化

    機能の追加と強化
    チャット機能、メッセージ機能、通知機能

    組織内の情報共有を効率化します。

    物件ごとの情報をまとめ、表示・印刷できる機能

    わかりやすい情報で閲覧・解析が可能 になります。

    手持ちの所在一覧から一括で登記情報を取得できる機能

    大量の登記情報の調査が短時間で可能になります。

    マーカーの種類や色を変更できる機能

    取得した登記情報の整理が可能です。

  • セキュリティ強化

    セキュリティ強化
    MFA(多要素認証)
    アクセスIP制限
    監査ログ
  • 利便性向上

    利便性向上
    シングルサインオン(SSO)

ご利用の流れ

ユーザー登録から利用までわかりやすいステップでご紹介!
  • STEP 1

    インデックスマップ@クラウドにユーザー登録

    インデックスマップ@クラウドからユーザー登録を行います。 https://index-map.cloud/

    • 「ログイン」ボタンをクリック
    • ユーザー登録タブを選択
    • メールアドレス・パスワードを入力
    • 入力されたメールアドレス宛に確認メールが届くので文面内にあるリンクをクリックしてください。
  • STEP 2

    インデックスマップ@クラウドへログイン

    ログインID(メールアドレス)とパスワードを入力してログインしてください。

  • STEP 3

    パブリックプレビュー申し込み

    ログイン後の画面にて「パブリックプレビューに参加する」をクリックいただき、必要事項を記入しし
    てください。

  • STEP 4

    パブリックプレビュー利用開始!

    インデックスマップ@クラウドの主な機能がご利用いただけます。
    ※登記情報提供サービスなど外部サービスの費用は発生しますのでご了承ください。